What’s New

ご挨拶

Executive Chair of “Techno-Ocean”IIJIMA Kazuhiro

第18回Techno-Ocean実行委員長 飯島一博
(大阪大学 工学研究科 教授)

地球が抱えている問題は複合的で多層的です。海洋を取り巻く昨今の重要課題を見ても、環境問題、資源エネルギーや再生可能エネルギーの開発など、専門分野・業種といった垣根を越えて取り組むことが求められています。
このようなことから、産学官連携の重要性も一層高まっています。
テクノオーシャン・ネットワークではこのような動きに先駆けて、 1986年より海洋の科学技術に関する国際コンベンション「Techno-Ocean」を神戸で隔年開催し、海洋分野における産学官のネットワークの構築に貢献して参りました。
今回は一般論文発表プログラムを行わず、展示会、一般市民向けイベントに加え,これまでテクノオーシャン・ネットワークが構築してきた産学官ネットワークを背景に、産学官関係者が一堂に会して議論するパネルセッションを新たに実施します(有料)。
パネルセッションでは複数の話題のテーマを取り上げ、第一線でご活躍の方々による基調講演や最新情報の話題提供に続けて討論をメインで行います。
各分野の産学官関係者が一堂に会し、次世代の共同研究やビジネスマッチングのチャンス新しい知見に出会う場をご提供します。
是非、皆様の御参加をお待ちしています。神戸で新たな「海」に出会いましょう。

開催概要

同時開催企画

  • 【特別企画】 コバルトリッチクラスト採掘試験機を一般公開
    12月9日 (木) ~11日 (土)

  • JOBフェア
    12月9日 (木) ~11日 (土)

  • 水中ロボット競技会
    12月11日 (土)

お問い合せ先